美しい盛器のカタログを見てみませんか

何気なく見ているお皿やお椀などの食器。

和食料亭などの食器や漆器はどれも美しいと記憶しています。

洋食とはまた違った雰囲気もあって美しさがあり、洋食器は近代的な色などの物が多くどちらも料理を目で楽しむことができますね。

盛器とは、器・容器・入れ物という意味を持っています

調理した食事を入れるものという解釈が直訳だと出来てしまいます。

しかし、その幅の広さや奥深さにはきっと驚くことになるでしょう。

福井県にある会社、ユニバーサルエージェント株式会社のCEOは日本の食文化を世界に届けたいという気持ちで立ち上げたそうです。

食事には欠かすことができない食器についても考えるようになって、そこに価値を見出すにはと考えました。

そこで器・家具の新ブランド「和美作日」を作ったそうです。

新素材・新成形・新加工・新発想というものづくりのこだわりを持って美しい盛器を作り出しています。

ユニバーサルエージェント株式会社のホームページでは、そのこだわりについてや受注から生産までの流れも書かれています。

中でも一番に目を引くのは盛器のカタログの美しさです。

カタログの種類も多く、ホームページで閲覧することもダウンロードすることも可能です。

緩やかなラインのあるお皿、和食にあう漆器はもちろんですが、椅子・テーブル、カトラリーまで揃っています。

載せられた料理が数割増しで輝いて見えるんです。

ものづくりのノウハウを活かしてノベルティグッズなども制作する会社です。